電照菊の花の管理(お手入れ方法)。菊に適した2つの水あげ方法(水切り・水折り)と生けた後のケアをご紹介します。
大輪菊を栽培する生産農家【菊ばり】が皆様の大切な方 へ気持ちと共に最高級の菊を産地直送でお届けします。
電照菊栽培農家【菊ばり】菊の花通販
菊花 電照菊お気に入りに登録 菊ばりへのお問い合せ 電照菊栽培農家【菊ばり】トップページ
http://www.kikubari.jp【電照菊栽培農家】菊ばり  
農園のご案内
店舗紹介
菊の栽培地(マップ)
産地直送の流れ
kikubari.jpからのご提案
電照菊について
電照菊とは
菊選びのポイント
菊の手入れ方法
電照菊プレゼント
商品のご案内
菊の花サイズで選択
電照菊【2L】贈り物用
電照菊【2L】自家消費用
電照菊【L】贈り物用
電照菊【L】自家消費用
電照菊【M】贈り物用
電照菊【M】自家消費用
菊の花使用用途で選択
命日パック
お盆・お正月パック
菊ばり通販法令等
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
所在地
藤島【菊ばり】農園
〒869-3603
熊本県上天草市
大矢野町中2325-1
TEL:0964-56-1642
藤島ファックス用紙
 
電照菊をMyYahooに追加
電照菊をGoogleに追加
電照菊栽培農家サイトマップ電照菊RDF
花の管理(手入れ方法)

水あげ

水あげとは、花を長持ちさせるための方法で、花自身が茎から自分で水を吸収することです。水あげは電照菊が到着した後すぐに行ってください。
水あげをする前に、まず下葉を取り除き、ある程度茎を出してから行います。
それでは、菊に適した2つの水あげ方法をご紹介いたします。

【水切り】
ごく一般的な水あげ方法で、ほとんどの花に応用できます。よく切れるハサミを使い、水中で茎を斜めに2〜5p程度切ります。このとき、切ってからすぐに水から出してはいけません。すぐに出してしまうと空中で切ったのと同じ状態になり、切り口に空気の層ができて水の吸い上げが悪くなります。

切ったら、しばらく水につけてね!  
【水折り】
キク科の花に適した水あげ方法で、水の中で根元から2〜5p程度のところで手をひねって折ります。茎の繊維の強いものは切り口がギザギザになって水を吸う部分が広がり、水を吸い上げ易くなります。
折ったら、しばらく水につけてね!  
 

生けた後のケア

生けた後のケアは、花器(花瓶)の中の水を清潔に保ち、置き場所を工夫することが何よりも大切です。使用する花器はできるだけ容量の大きいものがお勧めです。

【水替え】
夏場は毎日、冬場でも1日おきくらいで花器の内側もきれいに洗って、水を入れ替えてください。

【切り戻し】
水替えのときに花茎を切って(折って)、新しい水の吸い口を出してください。
また、茎のヌメリも洗い流してください。

【置き場所】
直射日光の当たる場所や高温になる場所は植物が呼吸過多で消耗し、細菌が繁殖してしまうので避けます。また、冷暖房の風が直接当たらないようにしてください。

 
電照菊とは店舗(農園)紹介電照菊プレゼントプライバシーポリシー特定商取引法お問い合せ電照菊トップページ

Copyright © 2005-  電照菊(大輪菊)の栽培農家【菊ばり】 All Rights Reserved.